血糖値と肥満の関係性|食べる順番が鍵インスリンマジカルダイエット

女性

糖尿病にならないために

体重計

炭水化物に注意

肉や脂の摂取量の多い欧米人よりも米や野菜の摂取量が多い日本人の方が肥満率は高いものの、糖尿病の割合が多いのは日本人です。ご飯や麺類の炭水化物を食べる機会が欧米人より多いことが原因です。血糖値を下げるためには、食事の質に気を付けて、ブドウ糖を燃焼させる運動が大切です。ブドウ糖を燃焼させる運動は有酸素運動です。筋トレのような一瞬の力を必要とする運動ではなく、負荷は強くなくても継続してできる運動です。適度な運動は血糖値を調節するインスリンの働きを良くします。ジョギングやウォーキングも良いですが、水中歩行やスイミングのような水中運動は負荷としても最適で、関節や腰への負担が少ない運動のためお勧めします。

最適な運動

糖尿病患者や血糖値が高い人が血糖値を下げるためには、摂取カロリーを制限する必要があります。しかし、必ずしも摂取カロリーを控えたからといって血糖値が下げられる訳ではありません。血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖濃度になります。ブドウ糖は炭水化物が分解された物質になるため、カロリーを控えめにしても炭水化物がほとんどの場合には、血糖値が逆にあがってしまうことになります。摂取した炭水化物は、すぐにブドウ糖に変換されて血糖値をあげてしまいます。たんぱく質はもちろん、注意しがちな脂肪であっても血糖値を上げる効果は全くありません。食事の際には、摂取カロリーだけでなく、炭水化物の量にも注意するようにして下さい。

Copyright© 2016 血糖値と肥満の関係性|食べる順番が鍵インスリンマジカルダイエット All Rights Reserved.